睡眠不足は育毛の敵!?髪の毛は寝ている間に成長する!

前置き

 

家事や仕事など、現代に生きる女性は大忙しです。

 

あなたはちゃんと睡眠を取ることができていますか?

 

睡眠は育毛にも大きく関係しています。

 

最近、なんだか薄毛が増えてきたという方は、もしかしたら睡眠不足が原因かもしれません。

 

今回は、睡眠と髪の毛の関係性についてお話していきたいと思います。

 

 

睡眠不足が薄毛を招く理由

 

人間にとって、睡眠という行為は決して欠かす事のできないものです。

 

日中に蓄積された疲労は、夜に睡眠を取る事で回復されます。

 

そして、明日のための力を蓄えているわけです。

 

髪の毛も同じように、寝ている間に昼間受けたダメージが修復されています。

 

その修復を行うのが「成長ホルモン」と呼ばれる物質です。

 

成長ホルモンは、身体の成長だけでなく髪の成長にも関係があったのですね。

 

「寝る子は育つ」なんて言葉もあるように、この成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されています。

 

したがって、十分な睡眠を取らないと成長ホルモンの分泌が減少し、髪にも悪影響を与えてしまうというわけです。

 

特に、髪の毛は「生命維持」という面で見た場合は直接的な関係のない部位であるため、成長ホルモンが不足した際にはその供給先としての選択肢からすぐに外されてしまい、影響を受けやすいのです。

 

 

ぐっすりと眠るためにはどうしたら良い?

 

薄毛にならないような睡眠を取るためには、時間はもちろんですが「質」にも気を遣う必要があります。

 

最悪、時間は確保できなかったとしても良質で深い睡眠が取れれば何とかなります。

 

なお、成長ホルモンが多く分泌されるのは22時〜2時の間と言われているので、できればこの時間内に入眠したいところです。

 

 

≪寝る前の準備≫

 

スムーズに眠りへ入るためには、色々と準備をする必要があります。

 

まず、布団へINする前に40℃くらいのぬるめのお風呂にじっくりと浸かるのがおすすめです。

 

それにより血行が良くなり、1日の疲れがすっきりと取れます。

 

あと、寝る直前の食事は控える事。

 

食べ物が入ったまま寝ようとすると、胃は働き続けた状態になり、深く眠る事ができません。

 

最低2時間は余裕を見ると良いでしょう。

 

また、スマホやパソコンをいじり過ぎない事。

 

液晶画面から出るブルーライトは太陽ににた性質を持つため、脳が朝だと判断して眠りづらくなってしまうのです。

 

準備ができたら、いよいよ布団へ。

 

エアコンなどで温度調節にも気を遣い、身体を冷やす事のないように設定しましょう。

 

一般的に、1日に必要な睡眠時間は約7〜8時間と言われていますが、なかなかこれを遵守するのは難しいと思うので、できるだけ最低6時間を目安に睡眠時間を確保するようにしてください。

 

 

最後に

 

睡眠が持つ効果は偉大です。

 

どんなにパワフルな人でも、一睡もせずに活動し続ける事は不可能です。

 

髪の毛も寝ている間に修復・再生されるものなので、睡眠とは切っても切り離せない関係にあります。

 

育毛という観点以外でも、睡眠は健康にとって欠かす事のできない行為なので、しっかりと十分に取るように心がけましょう。

関連ページ

育毛に必要な三大栄養素とは?
数年間、薄毛に悩んでいた私が育毛に成功するまでの体験記を書いていきます。育毛のためにやった事、食べたもの、使った育毛剤などをお伝えします。
運動不足は薄毛の原因に?適度な運動を習慣にしよう!
数年間、薄毛に悩んでいた私が育毛に成功するまでの体験記を書いていきます。育毛のためにやった事、食べたもの、使った育毛剤などをお伝えします。