朝シャンが薄毛の原因になるって本当?育毛のためには絶対に止めた方が良い!

前置き

 

今回は、「育毛のために止めた事」についてお話していこうと思います。

 

育毛というと、あれやこれや色々と試してみたくなりますが、実は「止める事」も重要だったりします。

 

たとえば、今回お話する朝シャンはそのうちの一つです。

 

朝目覚めた後の眠気覚ましとして非常に役立つ朝シャンですが、育毛という観点から見ると、実は良い事ではないんです。

 

もし、あなたが毎朝シャンプーをして1日を始めているのであれば、これから話す事をしっかりと聞いていただければと思います。

 

 

朝シャンが育毛に良くない理由

 

朝シャンは確かに気持ちが良いものです。

 

寝ぼけている状態で頭を洗えば、眠気も飛んでスッキリしますよね。

 

ですが、髪の健康を考えた場合はリスクもあるのです。

 

朝シャンが育毛に良くないと言われている理由としては、「必要以上に皮脂を落とし過ぎてしまう」という事が挙げられます。

 

どういう事か、説明していきますね。

 

まず、「皮脂」という言葉を聞くと、おそらく多くの人がマイナスなイメージを思い浮かべるかと思います。

 

「臭い」
「ベタベタしそう」
といった感じですね。

 

確かに、皮脂が増えすぎる事は問題です。

 

しかし、逆に減り過ぎても問題なのです。

 

というのも、皮脂には本来、頭皮や髪を外部の刺激から守り、潤いを与えて保湿する機能が備わっているからです。

 

つまり、一定量は必ず必要な存在という事です。

 

皮脂が完全に取り除かれてしまうと、頭皮や髪は乾燥し、ダメージを受けてしまいます。

 

そうなれば、必然的に髪は成長しづらくなってしまうでしょう。

 

「皮脂=悪者」と判断して、過剰なシャンプーで落とし過ぎてしまうと、こういったリスクが生じます。

 

朝シャンをする人は、大体朝と夜の2回シャンプーを行っていると思います。

 

ですが、これは「やり過ぎ」という部類に入ります。

 

特に、朝シャンで皮脂を洗い落としてしまうと、日中の紫外線などから頭部を守る事ができなくなるため、大きなダメージを受ける事になります。

 

実は、髪は夜に1回洗えば十分なのです。

 

夜寝る前に落とした皮脂は、寝ている間に再び分泌され、朝起きた時の状態が最も適切な量になると言われているのですが、朝シャンを行う事で必要以上に洗い落としてしまうというわけですね。

 

また、朝シャンは時間の無いバタバタした状態で行う事が非常に多いかと思います。

 

そうなると、雑に頭を洗う事が増え、乱暴に洗って頭皮を傷つけてしまったり、洗い残しが出て雑菌が増えてしまったりと、何かと髪にマイナスな行動を取ってしまいがちです。

 

こういったものも、後々育毛を阻害する要因となります。

 

 

朝シャンを「湯シャン」に変えよう

 

朝シャンを止めろと急に言われても、毎朝眠気覚ましとして使っていた方からすれば困ってしまうところですよね。

 

そんな方は、朝シャンを「湯シャン」に変えましょう。

 

湯シャンとはその名の通り、お湯だけで頭を洗う事です。

 

40℃前後のぬるま湯で髪全体を濡らし、頭皮を優しく揉み込むように洗っていくだけの簡単な方法です。

 

確かに、シャンプー液を使った時の爽快感に比べれば劣りますが、こちらもなかなか目が覚めて良いですよ(^^♪

 

湯シャンであれば頭皮の皮脂を落とし過ぎる心配も無いので、ぜひとも試してみてください。

 

 

最後に

 

朝シャンって実は髪に良くないものだったんですね。

 

私もこの事実を最初に知った時は少し驚きました。
皆、当たり前にやっていると思っていたので…。

 

最近ではその事に気付き、朝シャンを湯シャンへと切り替えている芸能人やモデルも多いそうです。

 

さすが、美に貪欲ですね(^^♪

 

今まで朝シャンを続けてきたという方も、これを機に湯シャンを始めてみてはいかがでしょうか?

関連ページ

早食いが薄毛を招く!?育毛のためにはダメ絶対!
数年間、薄毛に悩んでいた私が育毛に成功するまでの体験記を書いていきます。育毛のためにやった事、食べたもの、使った育毛剤などをお伝えします。